紫外線の量と日焼けの関係について

紫外線の量と日焼けの関係について

紫外線に含まれているA波は、窓ガラスを透過する性質を持っているために、家の中にいる時でも日焼けの可能性があります。
紫外線の中でもB波はA波ほど強い紫外線ではありませんが、地上まで届いていることは間違いないので対策が必要です。

 

5月から9月が、皮膚に影響を与える紫外線が多いシーズンであるとされています。
5月の陽光はまだ盛夏のような強さがありませんので、まだ紫外線の対策は必要ないと考えている人も少なくないようです。
気候のよい5月は、袖や丈の短い服装に変わる時期でもあるので、紫外線の対策を忘れないようにしましょう。

 

夏場は紫外線の量も増えますが、汗をかく量も増えます。
日焼け止めクリームは汗で溶け出してしまうことがありますので、頻繁に塗り直して、日焼け止め効果を維持しましょう。

 

日焼け止めは、紫外線防御指数と呼ばれるSPF値の高いものが、
より紫外線の対策効果も高くなりますが、使い方を考えなければなりません。

 

 

日焼け止めクリームを使う時は、できればSPF値の低いものを用意して、数時間経過したら塗り直したほうが効果が高く、肌への負担も少なく済みます。日焼けどめクリームをつける時は、肩や、鼻の頭、額のような、紫外線を浴び続けている部分は、何度も塗り直してください。

 

紫外線量は1日の中でも変化するものであり、一番多い時間は、10時から14時と言われています。
日焼け防止のために紫外線対策をする場合には、年間を通して、常時行う必要があるのです。

 

 

 

 

 

ZIGENオールインワンジェルの詳しい情報はこちら