同じ紫外線でも日焼けに差が出る

同じ紫外線でも日焼けに差が出る?

なぜ、同じ環境で同じ量の紫外線を浴びていても、ひどい日焼けをする人と、そうでもない人がいるのでしょう。
その日一日を同じ場所でいて、紫外線を浴びていた時間は同じくらいだったのに、日焼けの程度が大きく変わることがあります。

 

長時間紫外線を浴びた部分が赤く腫れる人、黒く日焼けしてそのままの人と、さまざまです。
同じ条件で日焼けをしても、人によって肌の状態は違います。
日焼けのもとになるメラニン色素の生成力に差があることが、日焼けの症状が異なっている理由です。

 

紫外線による肌の変化は、紫外線A波がもたらす肌を黒くするサンタンと、
紫外線B波がもたらす肌の炎症の要因になるサンバーンがあります。

 

紫外線A波を皮膚に照射すると、肌は紫外線の影響から細胞を守るために、メラニン色素を生成します。
このメラニン色素をつくるためのメラノサイトの機能に個人差があります。
日焼けの影響がはっきりと出て、すぐに肌が黒くなる人の場合、紫外線によるお肌の老化現象は発生しづらくなります。

 

メラノサイトによって肌が黒くなり、紫外線が肌を傷めないようにする反応が起きにくい人は、肌の炎症が起きやすくなります。
紫外線を浴びても肌が黒くならない場合、肌トラブルの原因になりかねません。

 

強い太陽光の下が活動してしても、日焼けをしないという人は、紫外線の影響が少なく見えます。
もしも、日焼けをしても肌の色があまりかわっていなければ、紫外線の影響が実は細胞に現れていることがあります。

 

 

 

 

 

ZIGENオールインワンジェルの詳しい情報はこちら