紫外線によって日焼けが起きる理由

紫外線によって日焼けが起きる理由

日焼けの原因は、太陽の光に含まれる紫外線であることは、広く認知されています。
お肌の日焼けの背景にあるという紫外線とは、どんなもののことでしょう。

 

紫外線とはA波、B波、C波の三つがあり、太陽の光と共に地球上に降り注いでいるものです。
ガラス窓のような透明な物体では、紫外線A波を遮ることはできず、皮膚へと届きます。
車内や室内にいても日焼けをしてしまうのは、A波と呼ばれる紫外線によるものと言えます。

 

B波は、オゾン層や雲に若干遮られる紫外線あり、天気や季節によって日焼けのしやすさや程度が変わってくるのはこの紫外線が関係しています。
地球を覆っているオゾンの層は紫外線C波を遮るので、紫外線C波については無視しても構いません。

 

ガラスを通り抜けるために、紫外線A波は日中ずっと浴び続けることが多くなる波長の光ですが、
真皮層までしか届かないので、影響はごくわずかです。
日中、活動をしている時は、絶えず紫外線A波が肌に影響を及ぼしているといえますので、紫外線予防が重要になります。

 

肌の色が黒っぽくなることだけが、日焼けの効果ではありません。
しみやくすみがふえて、たるみや肌老化の原因にもなってしまうものです。

 

日焼けは、紫外線から肌を守るための体の機能として、メラニンを多く発生させて結果です。
健康的に見える日焼けも、肌の美容面から見るとあまり好ましいものではないので、できれば紫外線を浴びないようにしたいものです。

 

 

 

 

 

 

ZIGENオールインワンジェルの詳しい情報はこちら