オイリー肌にも乾燥肌にいいっていうセラミドってどんな成分

オイリー肌にも乾燥肌にいいっていうセラミドってどんな成分?

人間の皮膚には外側から表皮、真皮、皮下組織と層があり、
最も外側にある表皮でも角質層や基底層といった4つの層で分かれています。
この中で最も外側にある角質層にセラミドは存在し、細胞間脂質を構成する成分のひとつとなっています。

 

細胞間脂質は肌細胞の隙間を埋めるように存在して、油分や水分を挟み込んで逃さないように働いています。
水分を捉える役割を持つセラミドですが、一般的に言われる保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸ほどの保水力はなく、
水分を維持する力はあまりありません。

 

しかし、皮膚の最も外側に位置することから保水力はなくとも、水分が蒸発するのを防ぐ働きを持っているのです。
表皮の下にある真皮に存在するヒアルロン酸やコラーゲンは高い保水力を有していますが、
水分が蒸発するのを防ぐことはできず、外側にあるセラミドによって抑えられることになります。

 

皮膚が乾燥するのは体内の水分が蒸発するためですが、セラミドは人間の最も外側に位置して囲い込むように存在することで
水分が逃げるのを抑える保湿効果を有しています。
この効果によって潤いのある肌を維持し、外部からの刺激を防ぐためのバリア機能を高めてくれます。

 

セラミドは化粧品などに含まれ、塗ることで吸収することもできますが、肌のターンオーバーの過程でも生成されます。
そのため、乾燥肌を守るためには、正常なターンオーバーが重要になってきます。

 

 

 

 

ZIGENオールインワンジェルの詳しい情報はこちら